寺リラクBlog

2014年6月27日 金曜日

肘内障

「肘内障」ご存知の方も多いと思われますが、小児に好発する肘関節の疾患です!

好発年齢は2~6歳。

発生機序としては、急に小児の手を引っ張ったときに生じるケースが多く、車道に飛び出しそうになったり、転びそうになった子どもの手を親が引っ張って発症することが多くなっています。

病態は、橈骨頚部を被っている輪状靭帯が上腕骨方向に移動し橈骨頭に部分的に乗りかかった状態になります。

この年齢に多いのは、この時期の橈骨頭は完全に骨化しておらず、大部分が軟骨成分であることや関節がまだ緩いといったことが因子として考えられています。

腫れなどは特になく、動かそうとすると痛みの為、肘を曲げようとせず、患肢に触れられることを嫌がる。こういった症状があり、引っ張られたような発生機転があれば本症を疑ってもいいかと思われます!

手を引っ張られることにより再発を繰り返す場合もありますが、年長になるにつれ発症しなくなってきます。

が、病態と発生機序を理解し、基本的に繰り返すことのないように気をつけましょう!!!



少し前に来院いただいた患者様で、本症が疑われたケースがあったので、以前にも書かれていましたが、もう一度書かせていただきましたhappy01

ちなみにその患者様は施術前に、入り口付近で自然と整復されていたようですcatface
まぁそんなこともありますgood

とはいえ、鑑別しなければならない点が多々あるので、一度医療機関へ受診していただくことをお勧めいたします!



蓮の華整骨院
048-299-9772
352-0016
埼玉県新座市馬場1-9-3(蓮光寺境内)








大きな地図で見る

〒352-0016 埼玉県新座市馬場1-9-3

ホームページを見たとお伝えください 0467-84-8259

診療時間 月~土 9:00~21:00
水曜9:00~14:00
休診日 日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら
QRコード 携帯電話からお得な情報を取得できます!
etc...
リラクゼーションスポット 蓮の華Rela