HOME > スポーツ障害

スポーツ障害とは

スポーツ障害とはのイメージ

スポーツをしているときに急激な力が加わって起きる捻挫、脱臼、骨折などは「スポーツ外傷」、練習を繰り返したりすることで慢性的に障害が起こるものが「スポーツ障害」と分類されています。
スポーツ中に大きな外力が一時的にかかって生じるもので、生じる部位や症状の程度はスポーツの種類や練習量・運動量、個人差などによって実に様々です。予防のためには、しっかりとした準備運動、ストレッチなどを事前に行うことが大切です。

主なスポーツ障害としては、上記の二つが挙げられます。当院でも特に相談が多い症状です。よりよいスポーツ環境のためには身体の障害を取り除くことが大切です。我慢したりせずに一度ご相談いただければと思います。

当院のスポーツ傷害施術

スポーツ傷害では怪我のあと、すぐ来院された場合はいわゆるライス処置休ませ、アイシングをし、圧迫・・・を徹底して行い、その後様子を見てハイボルトやコンビネーションという電圧治療を行います。
また動きの制限をかけるテーピング、圧迫包帯などをしています。テーピングで膝の水を抜くことも可能です。

大きな地図で見る

〒352-0016 埼玉県新座市馬場1-9-3

ホームページを見たとお伝えください 0467-84-8259

診療時間 月~土 9:00~21:00
水曜9:00~14:00
休診日 日・祝

お問い合わせ 詳しくはこちら
QRコード 携帯電話からお得な情報を取得できます!
etc...
リラクゼーションスポット 蓮の華Rela